カウント集計 余白
ロゴ余白スチールスチールスチールスチールスチールスチールスチールスチール
余白
劇団チャリT企画 オフィシャルサイト ■TOP ■プロフィール ■次回公演 ■過去の公演 ■スペシャル ■お問い合せ ■ブログ ■ツイッター
余白
 
舞台写真

舞台写真

舞台写真

▲撮影/鈴木 淳


PAST STAGE第30回公演「ジャパコン」 > ご意見・ご感想

ジャパコン


終演後の会場アンケートでいただいたご意見・ご感想をほぼ全文掲載します。
CoRich舞台芸術!に寄せられたご感想もこちらでご覧いただけます

●予想より面白かったので満足。時事ネタのギャグも笑えた。(男性・50代・会社員)

●ボロボロの傘は衝撃的で恐ろしかった。(男性・50代・会社員)

●チャリT企画からメールが来ている。チャリT企画DMも届いている。ドタバタの喜劇仕立てで社会性のある劇を作り続けているチャリT企画は貴重だ。この前間違って振り込みをして(他劇団への入金)メール等で連絡してもらい返金してもらいありがとうございました。(男性・60代)

●憲法や南京の件をめぐる会話は親戚の集まりの中でも繰り広げられたことがあったので親近感というか…そのリアル感から実際にその場にいた時の落ち着かなさをおもいだしました。(女性・40代・会社員)

●笑いの入れ方が面白かったです。テーマ的に左の人が多く見に来そうですが、私はだれにもオススメです。置物がアトム、マトリョーシカなのは左を意識していたのかな?と思いました。(女性・20代・公共団体職員)

●内容がすごくリアルだったのと、コミカルな内容からだんだんシリアスになっていく感じ、おもしろかった(女性・20代・公共団体職員)

●政治の問題に関心があるのですが、一人暮らしでテレビもなく、考えなくなっていました。とても良い機会になりました。(女性・20代・学生)

●ずっと気になっていたチャリT企画、やっとチャンスがきました。おもしろかったです。」今、現在の問題が、ちょっと先の浮かれた年に大問題になってしまうんですかね?熱くていろんなことを考えるきっかけになりました。(女性・40代・自営業)

●芝居を見ているという感覚がなかった。とある日常を切り抜いてそのままスクリーンか何かに映しているような…?(男性・20代・アルバイト)

●個人個人の演技に引き込まれました。舞台というよりフツウの日常を見ている感じでした。(男性・20代・自営業)

●すごーくリアルで、おもしろかった。でも、ものすごーくゾッとした。オリンピックの後、国民投票、リアルです。終盤、ホームドラマ的円満解決的になりそうで、ちょっとどうなの?と思っていたら、最後「緊急事態発生」でまた、ゾッとさせられました。(女性・70代・美術関係)

●普段共に舞台をつくっている同期が頑張っている姿を見れて嬉しかったです。正しいとかは別にして、内容も一人一人のしぐさがとっても日本らしくって、年末に見れてとってもうれしい作品でした。 (女性・10代・学生)

●2020年に国民投票ありえる。アメリカの戦争、ベトナムに参戦してたかもしれない事をもっと立てて(女性・70代・主婦)

●単純に舞台としてすごく面白かったです。右寄りの意見も左寄りの意見も平等に取り上げられていたところが好きでした。(女性・20代・学生)

●みんな声が小さいね(男性・70代)

●本当に起きそうだけど、起きて欲しくないなと思ったのが一番の感想です。小ネタが好きでした。(女性・10代・学生)

●とてもすばらしかったです!本当に!ありがとうございました!いい時間をすごせました!(女性・50代)

●面白かったですが、ドキドキしました。息子も来ているので、後で聞いてみます。う〜ん正解はあるんでしょうかね〜(女性・60代・主婦)

●今までのチャリTさんの「対立軸」の公演の中でも、両論のバランスが取れているよう感じました。親子で左右に分かれるのはよくある、身につまされる思いで拝見しました。(男性・30代・会社員)

●憲法をいろいろと考えるにあたり、日本のことだけではない、アメリカ、中国、もっと言えば世界全体のこととして、新聞を読みながら、学ぶことが必要だと思いました。勉強をすることの大切さを、改めて確認できました。ありがとうございます!(男性・30代・アルバイト)

●しっかりと考えなければいけない 本質的なことを考えさせてくれるのがいいですね。これからも頑張ってください!(男性・30代・会社員)

●憲法改定をめぐる対立点・問題点が分かりやすく提示されていてとても良かったです。そしてありうる危険性も。劇団の、他の場所での公演も頼めばなさるのかどうか気になっております。(女性・60代)

●本当に近未来を垣間見る思いがした。難しいが大切なテーマに挑んだ勇気と出演者の熱演に拍手を送ります。「改憲」も「護憲」も接点がなく、今日の劇のような論議が(しかも冷静な)が求められている。「アベベのべ」以降、チャリに期待していたが今日見れてとてもよかった。もっと宣伝をしてほしい。(男性・60代)

●内容が面白そうだったので、初めて見てみた。会話のやり取りはなかなか面白かった。しかしかんじんの親子の壮絶バトルはいまいち迫力が無かった。ネトウヨに対してもサヨクに対してもあまり深堀りできていない(共感していない)感じがした。オリンピック前に震災があり、それぞれの身内が身を寄せてくるという設定には驚いた。十分ありうることではあるが、もしそういう設定でなかったとしたらどんな芝居になっていただろうか。今現在の社会状況をえがこうとしていることはよくうかがえた。 ラストの稲妻のような閃光は何だろう。核ミサイルでも落ちてきたのだろうか。核の前では憲法9条も改憲しての軍事力も無力である、ということの暗示であろうか。今私たちは予測不可能な世界に生きている、ということであろうか。来年はどんな年になるだろうか。(男性・40代・会社員)

●まず政治の話を気軽にできる環境になることが大切だなと思いました。ありがとうございます。(男性・40代・自営業)

●友人んい誘われ初めて演劇を観ましたが、笑いもありしっかりとしたテーマもあり、期待以上でした!(男性・20代・学生)

●イデオロギーを扱ったテーマで重いかなと思ったけど、非常に上手くまとめられていた。2時間は長く感じなかった。(男性・50代・会社員)

●憲法改正難しいね。でも戦争だけは避けたい!戦争反対!!田端玲実さん、大奮闘でしたね。若い!息切れしてない。あんなに動き回ったのに!すごいね。楽しかったです。ありがとうございました。(男性・60代)

●これからこうなるのかな、という近い現実をみているようで怖かったです(女性・30代・会社員)

●FAIN!!(男性・80代以上)

●最後はやりすぎな感じがしましたが、異本的な姿勢は変わってなくてよかったです、ドタバタはかなりワクワクしました。佐世保の父がとてもよかったです。(男性・10代・学生)

●“国と個人は別” ネズミ狩り以来の作品だった。DVDが欲しい位。(女性・70代)

●「アラー」以降不作つづきの為心配していましたが、よく出来上がっていた。(男性・60代)

●とても楽しかったです。家族の話になるとハズレ?がないですね。ちゃんと難しいテーマもしっかりととらえて取り込んでいくのがすごくいいと思います(男性・40代・会社員)

●息子の感情にとらわれない論述に感動しました。これに対する親たちのいかにも戦後70年の日本家族愛、反戦主義の主張が私には共感するものが多く、いわばこれが日本の50代60代の総意であると言える!それに深く共感しながら(自分はその世代だ。母親のセリフに思わず泣いた。自分は生きてきたんだなあ〜と)新しい20代の日本を支える人々若者への期待も大きかった。その二つの論点をこれほどまで舞台で演じた楢原さんのお力に感銘を受けました。(男性・60代・会社員)

●今回の公演は正に「ジャパン・コンプレックス」な内容の芝居だったと思います。私なりの解釈は
 ・現在の日本(ジャパン)の複雑(コンプレックス)な要素を盛り込んでいる
 ・日本(ジャパン)の旬なネタが混在(コンザイ)している
 ・2020年の日本(ジャパン)が混乱(コンラン)している想定
 を巧く凝縮して表現されていたと思います。とても面白かったです。(男性・50代)

●私がみたかったお芝居、こういうの!!というきもちです。これまでみてきた(…少しですが)ものは私が片寄ってるから片寄ったものを選んでしまうのは当然なんだけど、結論ありきだったと思いました。そしてまじめすぎて、あんまりおもしろくなかったのです。今日来てよかったと思っています。今後の活動・公演に期待しています。中国語うまい!!うらやましいです(女性・40代・アルバイト)

●とってもよかったです。ぐちゃぐちゃになりがちなぶつかり合いを、まさにぐちゃぐちゃのまま、でもコミカルに観せてくれて、こういうものをみたかったんだ、こういうものを「アノ人」たちにもみせたいなと思いました。 こんなに席が残っているなんでもったいないですね!!満席追加公演でもいいくらいなのに!!中国語上手ですね、びっくりしました。色々完成度が高くて、こういう劇団がもっと知られなくちゃと思いました。次の公演も必ずみに来たいと思います。(女性・40代・地方議員)

●アベベのべの時に言ってたSMAP解散当たっちゃったので、今回嵐の解散も当たりそうで怖いです。最後のボロボロのカサが何をあらわしていたのか超気になります。(男性・50代・自営業)

●熊野さんを見に来ましたがいなくて残念。ラストがよくわからなかった。内容はとっても×2よかったです。(男性・40代・専門職)

●差別意識とはなにげなく入っているものだと思いました(女性・40代・会社員)

●シナリオもキャラクターも演技も自然でリアリティがあって作品に引き込まれました。 お互いがそれぞれの価値観を尊重しあえる様なラストで良かった。  作品とは関係ないですが、スタッフさんの表情がかたいなぁと思いました。もっとフレンドリーな接客だとなお良いと思う。(男性・40代・会社員)

●今回はとてもしっとりしていて、ちょっぴりしんみりしました。(男性・30代・会社員)

●政治問題をPOPに舞台にしていて、とってもおもしろかったです。政治に興味のない若者に見て欲しい!(男性・20代・専門職)

●護憲・改憲論議に、もう一歩。既に出ている話をまとめた感が強い。作者の関心、問題意識からの、今一歩があっても良いと思う。(男性・40代・自営業)

●期待以上に良く、初めから終わりまで飽きずに見られました。(男性・30代・会社員)

●社会性に満ちた本(ストーリー)で非常に良かった。アンサンブルも良かった。劇団名が「チャリティー企画」だと慈善団体のよう。それが狙いかもしれないけど(インパクトで)。今まで知らずにいました。今後の健闘祈ります。(男性・50代・会社員)

●岡田さんのざっくり親父はツボにはまった。前作アベベがコンビニストーリィに改憲部分が埋没していたのに対し、今作は家族ドラマと次々テーマのバランスとミックスぶりが絶妙。アベベをブラッシュアップしたことで前回感じたもどかしさが解消されていた。お見事な傑作と評価。(男性・会社員)

●長ーく満席になるまでできないですかね!多くの人に観て欲しいと思いました。二郎チャンネルはどこかで見れますか? 衣装も好きです。(男性・20代・会社員)

●前作(アベベのべ)のラストとチラシ等の「ネトウヨ息子」という文句(憲吾も言ってる通り「ネトウヨ」は右寄りの人には嫌な言葉だろうなと…パヨクみたいな?)から、もっと左の主張強いかなぁと思っていたのですが、意外とウヨク息子の主張も言っていて、いろいろな人に見て欲しいなあと終演後に思いました。 九州男児のむかつくところ、単純で憎めないところの再現がツボでした。家族のめんどうだけどすてきなところ、右も左も矛盾してたり滑稽だけどどちらも一理あるところ、「怖がっているものが違ってかみ合ってない」にしっくり来ました。すみません、ラストが???でした…バイオテロ??ですか?サリン的な?(女性・20代・公共団体職員)

●息子二人がとっても現代っ子で良かったです。チャリTさんの芝居はいつも日常からフラットに入って行って地続き感がすごいなあと思います。傍若無人すぎた九州のおじちゃんが滅茶苦茶な喧嘩の後はむしろまともに見えるのが面白かったです。全体の展開がかなり激しいのにすごくスムーズなのが格好いいと思います。お疲れ様でした!(女性・20代・アルバイト)

●内容がとても面白かったです。次回も期待してます。(男性・10代・学生)

●政治のことよく分からないけど、すごく考えさせられました。宮崎出身なので、方言とか訛りが懐かしいなーと。笑。面白かったです!(女性・20代・アルバイト)

●柴崎さんの演技が後半のみずみずしさを増してとてもよかったです。ラスト、さすが。と思いました。次回も楽しみにしています。(女性・30代・自営業)

●いろいろ考えさせられる内容でした。予定調和で終わらないところのブキミさがいいですよね!憲法のこと、アジアの他国のこと(大学のクラスメートに中国人留学生もいます)  家族のこと、LGBTのこと。いろいろ思って生きていきます。 1個気になったのは、先生が「レズ」と言ったこと。普通はレズビアンというし、「レズ」は「ホモ」と同じ  差別語と認識していたので。(女性・40代・学生)

●いつもながら、タイトルがうまいです。内容も時機に合っていてさすがです。基本的には護憲派で、そういう目で見ていましたが、きちんと議論するのは大事だな、と思いました。ポスターやクレームのことを決めつけたりするところは、うん、そういうところあるかも…気をつけなきゃ、と思い、はっとしました。ラストの意味、よく分かりませんでしたのでもうちょい考えてみます。国民投票で改憲しなくても、事実上、緊急事態対応しちゃってるってことかな、とは思いますが…まだあるのかなとか。 松本大卒さんと岡田一博さんが特によかったです。(男性・40代・会社員)

●ラスト30分でのドタバタが面白かった。ただ、もっとこじらせてからのタタミかけでも良かったかも。どうしてもキャラの濃いキャストに目がいくけど今回はそれで正解だった気がする。(男性・50代・会社員)

●意欲的な作品だと思いました。右翼的な人にどう語りかけたらいいのか、それが身内だったら…考えさせられました。どの役者もゲイ達者で、脚本もよく練られていて楽しい時間をすごさせてもらいました。(女性・50代・会社員)

●非常に面白かったです。議論の場面などは自分も参加しているようにあつくなってしまいました。性的マイノリティについては私もトランスということもあり、いろいろ気になるところも、考えさせられるところもありました。特に「ツバサ」とそのツレの方が出てくるたびに別におもしろいところでもないのに客席から笑い声がしたことは気になりました。日本の現状、いまを見た気がしました。(20代・学生)

●すごく良かったです。今の時代にたくさんの人にみてもらいたいです。あのお父さんみたいにおちついて話せるのがいいなあって思いました。ウヨクの人も、ただただ今の世の中がこわいだけなんですよね。あべ首相、小池都知事が日本会ギって知ってる人どれくらいいるでしょうか。(女性・20代・学生)

●2時間、とても見ごたえがありました。とても面白かったです。リアルで、考えさせられました。東京オリンピックがもっと楽しみになりました。(女性・20代・学生)

●舞台を見るのは人生で初めて(!)だったんですが、とっても面白くてあっという間でした。(女性・20代・学生)

●改憲派の主張も十分にすくいあげており、議論の整理にも有益であったと思います。東京五輪には、小生は今でも大反対です。日本国人の狂気を見たくありません。サッカーごときであのザマですから。戦争絶対反対。軍隊は絶亭に国民を守らない。ありがとうお疲れ様。(男性・60代・会社員)

●イデオロギーと笑いのバランスがとてもよいです。(男性・40代・大学教員)

●親子の主義・主張の場面、実に良かった。(男性・50代・会社員)

●右、左と意見がある中で、良くまとまっていて、分かり易く、見ごたえがありました。不勉強な私には非常にタメになる話で、勉強になりました。演出や役者の演技もしっかりしていて、安心して観れました。(男性・30代・会社員)

●情報が次々と、でも自然に飛び込んできて圧倒されました。(女性・20代・会社員)

●面白かった。(男性・40代・会社員)

●ネズミ狩り以来のこまやかで丁寧で見やすくて、でもチャリTでせめこんでいて、ラストのブラックさまで、とても、とてもとても面白かったです。こういう作品でたくさんの方に見てもらえるようになってほしいと思う反面、昔のごちゃまぜ濃いチャリTもまた見たいと思いました。(女性・30代)

●前回より良かったです(男性・会社員)

●とても見ごたえがあっておもしろかった。チャリT特有のドタバタもあり自身の場面でぞわ〜!としたり楽しめましたよ。(年齢性別不明)

●大変良くかけた台本と思いました。熱演で共感できました。おもしろく見せていただきました。一緒に入って物言いたいかんじになったです。おつかれさまでした!(年齢性別不明)

●初めて見ましたけど、とてもおもしろかったです。方言がよかった!!これからも頑張って下さい。けんご君カッコイイぞー(女性・20代・会社員)

●ポスターをみると“手作り感”が感じられて、大学生のサークルみたいにみえたけど、中身は分かりやすくて、「問題」に突っ込んでいくあたりはテンポモすごくよくて、さいごまであきずに見ることができました!おもったより、本当によかったです!(女性・30代・会社員)

●非常に面白かった。息子が去った後、ひとりたたずむ母親の顔がとても良かった。何より雄弁でした。精密な調査結果の巧妙な組み合わせも見応えありますが、ひとくくりじゃない、ひとりひとりの人間に十分な存在感があって、その組み合わせが何とも言えないある雰囲気を作り出したときに生まれる説得力はすばらしいと思います。説得力のある会話劇だけが創り出せる生きた説得力を痛感しました。もちろん全ては一瞬でしょうが、それでもその価値はあると思えるくらいには。(男性・50代・会社員)

●大団円はもちろん期待しないけれど、最後の唐突強引な幕引きが謎すぎましたが。早稲田で安保関連法反対の運動をしている者です。改めて連絡を差し上げるかもしれません。(男性・50代・教員)

●相容れない主張を止揚するビジョンを提示されたことに希望を感じた。今問題となっているさまざまなテーマが実際に現実になったらどうか、自分が想像できていないことをしみじみ感じた。(女性・40代・無職)

●とても考えさせられる題材でした。家族の大切さをあらためて考えていかなければと思った。人とのつながりとても大事ですね。(男性・40代)

●とてもショッキングと言うか、言葉を失うというか、でも、きっと、これこそが、今私達が向き合っている現実なのだとあらためて思い知ります。楽しかったし、面白かったです。素晴らしいお芝居でした。ありがとうございました。(男性・会社員)

●ひじょうにおもしろかったです。オネエとさせぼのおとうさんの小ボケがおもしろかった。過去ふくめて一番わかりやすかったし、おもしろかった。次回も楽しみにしてます(*0w0)ノ(男性・会社員)

●いろいろな要素があって、とてもたのしかったです。特に今日は、人間関係がとてもうまく、よかったです。(男性・会社員)

●脚本・設定・キャラクター、それぞれの熱演どれも面白かったです。今後も期待しています。こうした社会派のテーマを面白く作品にして上演つづけていって下さい(女性・30代・会社員)

●久し振りに見ることができて楽しかったです。勉強になりました。わかりやすかったです。また来たいと思います。ありがとうございました。(女性・20代・会社員)

●最後のカサの意味がわからなかったです。ちなみにこの間みた紀伊国屋ホールのコーカミ作品(サバイバーズなんとか)よりは見ごたえがあってよかったですよ。(女性・40代・専業主婦)

●シリアスな内容・テーマではあったと思いますが、家屋や国の将来など考えさせられる劇でした。(女性・20代・学生)

●2020年までに戦闘で一人も死なない設定だが、そうありますように。(男性・50代・会社員)

●楽しく観させていただきました。政治ネタというか、もちろん深刻な問題を描いて下さってるけど、それでも毎回、笑えたり楽しかったりするところがたくさんあるのが、本当にいつも感心しちゃうしとっても楽しいです。小道具もこんなに細かい必要あるのかってくらいリアルでおもしろいです。また観にきます。ありがとうございました。ありがとうございました。一点、この会場、入り口とロビーがタバコ臭いのが苦痛です。(女性・20代・アルバイト)

●中道という道はないのかなと思いました。日本人らしさとは、自由とはなんだろうかなと考えさせられました。「尊重」というのはいい態度なのではないでしょうか。ラストシーンの緊急事態が何だったのか気になります(シン・ゴ○ラとか)。(男性・30代・会社員)

●民泊のお母さんの「今夜は何を食べたい?」の一言に涙が止まりませんでした。皆さんの熱演がとても印象的で特に民泊のお母さんはすばらしかったです。(女性・60代・主婦)

●今まで避けてきた事を目の当たりにされました。(女性・50代・アルバイト)

●とても楽しく拝見しました。すばらしかったです。(女性・60代・会社員)

●シリアスにギャグを忍ばせているのが面白く、観ていて飽きなかった。最後の終わり方も何かをにおわせる終わり方?で展開を想像させるのがよかった。(男性・20代・学生)

●未来にタイムスリップしたみたいで楽しかった。けんごくんの声よかった。ぎろんもきいていて両面うつしていてすごくよかった。ききいってしまったしたくさん考えさせられた。あまり舞台をみないのだが、ツイッターでの評判をみてきてみたら、とてもよかった。もっとみたい。(女性・20代・学生)

●本当にすごかったです。出演者の皆さんの演技が本当すごかったですし、お話・演出すごくおもしろかったです。いろんなこと考えさせられました。最後のところも…。でも家族はすてきだな、と思いました。(女性・30代・会社員)

●おつかれさまでした!とてもステキな作品でした。舞台セットや内容はもちろん役者さんたちお1人お1人が魅力的で見に来て本当によかったです。色々なことを考えるきっかけになるような、まさに芸術というような作品でした。ありがとうございました。(女性・20代・学生)

●めちゃくちゃ面白かったです!!(男性・10代・学生)

●私は同年代との演劇しかやったことがないため、違う世代の方との共演をしてみたいと感じました。役者さんの自然な演技がすばらしいです。また見たい。(女性・10代・学生)

●ばくがい!(80代以上・定年退職)

●分かりやすく見やすかった。笑いもあってよかったです。さっちゃんやせたね。(女性・20代・会社員)

●しばさきさん汗がすごかった。すごいおもしろかったです。またみたいです。(女性・20代・会社員)

●当日パンフレットの次回公演、眼“下”画廊担っているのが気になりました。ウヨサヨは縁遠い題材なのですが、登場人物の名前も苗字がわかりやすくて良かったです。「ゆずる」もそうだけど、解釈はひとそれぞれだから言葉をつくさないとならんと思いました。“家族でも考え方は違う”“民族でひとくくりにしない”って実際にするのって難しいなと思いました。ラストがゾクゾクする!!嵐解散とかとよす市場とかどこまで本当になるか楽しみです。(女性・30代・会社員)

●新聞批評欄(朝日、週刊金曜日、赤旗のどれか忘れた。)に斜めからであっても社会批判の精神があるとのことだったので観にきた。批判や解説ばかりの芝居もつかれるが、今の社会の状況を考えると、もっともっと批評、対抗、抵抗する芝居がないと困ると思うので、芝居界もそうなって欲しい。(週刊金曜日で「演劇の力」という特集を組むくらい、社会状況は非常に悪いと思うから。)最後で最も原点である天皇制を考えにいれるわけにはいかないのだろうね。どうしてもあいまいな表現でしか締めくくれないのは、ちょっと情けない。最後のビニール傘が壊れたのは、核の傘がこわれたことを暗示したものだと思うが…。(男性・60代・会社員)

●ぶれないチャリTが好きかも。ダダ内山も好きかも・・・・・・とにかく早稲田劇研時代より観てます。少し丸くなった感はありますが、世相のズバリ感は間違いない。社会人みたいに真面目になった点、大卒氏がジジイになった点、内山が人妻っぽくなった点・・・・・・時の流れは早いものです。その流れにさからうようなこの存在感!! 続けるパワーは応援します。ラストのフラッシュはちんこすぎる。花火たけ。爆竹ならごう音ごう音・・・・・・このあたり学生感覚抜けてませんな。エンドー・チェーン、仙台人なつかしがらせるんじゃないよ!!(男性・50代・会社員)

●東京オリンピックに、あれほど熱狂するのかなぁ?(約30万円、開会式に出す?)とすると、改憲について、しっかり考えることは・・・・・・ないよなあ・・・・・・。たとえ、第一回国民投票が×でも、2回目は、大阪城が冬→夏の陣で落ちたように、やがては改憲されるでしょうね。これからは、若い人の時代だ。年寄りは早く死ぬ。これは、止められない。(男性・60代・無職)

※スペースの都合上、アンケートにご記入いただいた職業を<会社員・役員→会社員/パート・アルバイト→アルバイト/専業主婦・主夫→主婦>に統一して記載しております。

Copyright(C) 2006-2014 chari-T All Rights Reserved. リンクフリー・無断転載お断り