余白
ロゴ余白スチールスチールスチールスチールスチールスチールスチールスチール
余白
劇団チャリT企画 Official Site □TOP □プロフィール □次回公演 □過去の公演 □スペシャル □問合せ □物販 Twitter余白Twitter余白Twitter
余白
 

▼ご注文方法

(1) 下記事項をメール又はFAXにてお送り下さい。
・注文商品
・個数
・〒住所
・お名前(フリガナ)
・電話番号またはFAX番号

【メール】contact「@」chari-t.com
 ※@の前後の「」は外して下さい。
 ※「@chari-t.com」からのメールが受信できるように、メールの受信設定をご確認下さい。
【FAX】020-4624-4098(D-FAX)

(2) 3日以内に折り返し振込先と振込金額(商品代+送料)をご連絡します。

(3) 商品代金と送料を指定口座にお振り込み下さい。

(4) お振り込み後、1週間以内に商品をお送りします。


舞台写真

舞台写真

舞台写真

GOODS


▼DVD

劇団チャリT企画 第23回公演「ネズミ狩り」(Aバージョン・Bバージョン)
各バージョン \2,500-
(バージョンをご指定下さい。キャスト表はこちら。撮影日は3/10昼・夜です。)

ネズミ狩りDVD
(2011年3月@こまばアゴラ劇場、120分、2011年3月10日撮影)
【内容】舞台は老舗そば屋「南海亭」。1年前に主人が少年犯罪に巻き込まれて殺害され、今は娘のナツキが店を切り盛りしている。主人を殺害した加害少年の裁判が進んでいて、周囲は極刑を望んでいるのだが、ナツキはそれに素直に賛同できずにいる。生前、「協力雇用主」として犯罪加害者を積極的に雇い入れ、その更生に取り組んできた父親の意志を受け継ぎたいという思いがあったからだ。そんな中、かつて世間を震撼させた凶悪少年犯罪の加害少年が南海亭の従業員として働いているという噂が流れはじめ・・・・・・。
 死刑か? 更生か? 少年犯罪をめぐって揺れ動く市民社会をシニカルな視点でスリリングに描いた群像コメディ。 2008年度に王子小劇場で初演され、その年の佐藤佐吉賞「最優秀脚本賞」を受賞したチャリT企画の代表作の再演版。

劇団チャリT企画 第24回公演「12人のそりゃ恐ろしい日本人 2012」\2,000-

12人DVD
(2012年6月@座・高円寺1、120分)
【内容】夏祭りでふるまわれたハヤシライスに毒物が混入され、4人が死亡、60人以上が重軽傷を負った「毒物ハヤシライス事件」は、裁判員裁判によって被告・林真由美に死刑判決が下された。それから数ヶ月後、裁判員としてその裁判に参加した男の元を、別の裁判員が訪れる。被告本人の自白も確かな物証もなく、状況証拠だけで死刑へと導かれてしまった判断を悔い、被告の無罪を今からでも訴えたいのだと言う。それを境に、男の元に次々と異変が生じ、やがて男の住むアパートは失業者たちの派遣村へと化していき、そして・・・・・・。
 裁判員裁判、格差・貧困・経済破綻、果てはテロ戦争まで、世界中の大問題を四畳半にブチ込んだチャリT流・茶番喜劇の決定版! 「銭湯ではなく戦闘に行って来ます。」和歌山毒物カレー事件冤罪説に材を得て、死刑か?無罪か?で右往左往する裁判員や市民たちの姿を奔放なイメージと破天荒な展開で描いた2009年初演作を、内容も演出も一新してリニューアル再演!

劇団チャリT企画 第27回公演「バイセコ」\2,500-

バイセコDVD
(2014年12月@座・高円寺1、80分)
【内容】舞台は都心近郊駅近くの路上。ビミョーな演奏で冴えないストリートミュージシャン。幹事なのにサークルコンパの集合場所で迷子になった大学生。どこからともなく自転車に乗ってやって来る男。一台ずつ放置される自転車。 恋人が自衛官というギャルは「彼氏を戦場に送らないで」と不慣れな署名集め。向かい側ではネトウヨだかネオナチだかのグループが物騒な演説。素通りする人々。こうして路上は自転車<バイセコ>で埋め尽くされていく……。
 2004年のパルテノン多摩小劇場フェスティバルで上演され、ベストフォトジェニック団体賞を受賞した「ドウニモタマラナイ」を内容を一新してリニューアル再演。

劇団チャリT企画 第15回公演「アベベのベ」(初演版)\1,000-

アベベDVD
(2006年10月@王子小劇場、79分・定点カメラ、簡易パッケージ)
【内容】2011年、憲法改正が国会で発議され、その国民投票の前日。舞台は都心にあるコンビニエンスストアのバックヤード。 従業員の間では、翌日の憲法改正に賛成か、反対か、意見が割れている。まったく無関心の人もいる。また、店の経営方針や待遇などについて、従業員の不満が鬱積している。 そんな中、その日の夜勤の従業員が国民投票法違反の疑いで逮捕されてしまったらしい。深夜帯は一人体制のため、店長は代わりの人捜しに奔走する。代わりが見つからなければ店長が昼から朝までぶっ通しで働かなければならないのだ。 なぜ夜勤の彼は捕まってしまったのか、国民投票法違反とはどんな罪なのか、変えられようとしている憲法って何なのか、変える必要はあるのか、そして夜勤は見つかるのか......。
 第一次安倍政権発足直後に上演され、王子小劇場の佐藤佐吉賞「優秀脚本賞」を受賞した作品。


▼上演台本(作・楢原 拓

「ネズミ狩り」(2008年初演)\700-

ネズミ狩り台本
【内容】舞台は老舗そば屋「南海亭」。1年前に主人が少年犯罪に巻き込まれて殺害され、今は娘のナツキが店を切り盛りしている。主人を殺害した加害少年の裁判が進んでいて、周囲は極刑を望んでいるのだが、ナツキはそれに素直に賛同できずにいる。生前、「協力雇用主」として犯罪加害者を積極的に雇い入れ、その更生に取り組んできた父親の意志を受け継ぎたいという思いがあったからだ。そんな中、かつて世間を震撼させた凶悪少年犯罪の加害少年が南海亭の従業員として働いているという噂が流れはじめ・・・・・・。
 2009年佐藤佐吉賞「最優秀脚本賞」受賞。


「プレイバック Part3」(2009年初演)\700-

プレイバック台本
【内容】舞台は亡くなった文豪・阿川重太郎の大邸宅。そこへ遺品整理にやって来た編集者が、埋もれていたカセットテープの中から重大な阿川の肉声を発見する。そこでは、戦中、阿川が送られた中国大陸での体験が語られているのだが、肝心なところでテープが時間切れ。歴史をひっくり返すほどの重要証言である可能性があるため、編集者は必死で続きが収められているはずのテープ「証言Part3」を探すのだが・・・・・・。
 2010年佐藤佐吉賞「優秀脚本賞」受賞。




「アベベのベ 2016」(2016年初演)\700-

アベベ2016台本
【内容】2021年、憲法改正が国会で発議され、その国民投票の前日。舞台は都心にあるコンビニエンスストアのバックヤード。 従業員の間では、翌日の憲法改正に賛成か、反対か、意見が割れている。まったく無関心の人もいる。また、店の経営方針や待遇などについて、従業員の不満が鬱積している。 そんな中、その日の夜勤の従業員が国民投票法違反の疑いで逮捕されてしまったらしい。深夜帯は一人体制のため、店長は代わりの人捜しに奔走する。代わりが見つからなければ店長が昼から朝までぶっ通しで働かなければならないのだ。 なぜ夜勤の彼は捕まってしまったのか、国民投票法違反とはどんな罪なのか、変えられようとしている憲法って何なのか、変える必要はあるのか、そして夜勤は見つかるのか......。
 2006年初演の「アベベのベ」の改訂版。


「ジャパコン」(2016年初演)\1,000- NEW!

ジャパコン台本
【内容】舞台は2020年夏、東京オリンピック直前。都内の外国人向け民泊施設「サコダハウス」。1ヶ月前に憲法改正が国会で発議され、オリンピック後にその国民投票が実施されることになっている。
 サコダハウスを経営する佐古田夫妻の悩みの種は、その一人息子・憲吾が「ネトウヨ」になってしまい、護憲派の両親に 隠れて改憲運動をしていることであった。その親子の確執を軸に、南海トラフ大地震によってサコダハウスに一時避難してきた親戚・右近家の長男・翼のLGBT問題も絡み、家族観や国家観などを巡って壮絶なバトルが展開される。。


Copyright(C) 2006-2016 chari-T All Rights Reserved. リンクフリー・無断転載お断り